お久しぶりの更新です。

今回は、いつも朝ヨガとハタヨガのときに歌っているマントラについて解説したいと思います。



マントラとは?

マントラは初めての聖書であるヴェーダ(宗教文書の総称)に書かれているもので、聖歌のようなもの。

そしてすべてのマントラは、Omからスタートされています。


Om(発音はaum)は宇宙を作り出した起源の音ともされていて、この音はいかなる宗教や信条にも属さず、神や無限の宇宙の概念で、すべてのマントラはOmにはじまり、神聖なるものへの挨拶、そして入り口となっているのです。



なぜマントラをとなえるのか?

マントラは意識のリズムであり、魂の振動を作り出すものといわれています。
それは私たちに変化を与え、力や強さを与えてくれます。
そして違った音は、違った効果を人間に与えてくれます。


神聖なサンスクリットのマントラチャンティングは私たちにゴールを与え、日常から高い意識レベルに持っていってくれます。


病気を治すパワー・悪を取り払う力・健康・超自然的な力・そして神への崇拝を与えてくれます。

そしてマントラは、これ以上ない至福と自由をも与えてくれます。



マントラを唱えるとき、それを聞くとき、精神と言葉の純粋さを得ることができ、そして瞑想の準備が整います。

音の振動の結果として、精神を平穏へと導き、内観へと導いてくれます。


マントラは正しかろうと正しくなかろうと、知られていようと知られていなくとも、注意深くてもそうでなくても、肉体的・精神的に確実に良いものなのです。

知識や理由を超えたところにマントラチャンティングの良さはあります。


以上、「チャンドラヨガインターナショナルテキストより抜粋」



ガヤトリーマントラ

インドでTTを受けたとき、毎朝マントラを6曲、何度も何度も繰り返し歌い、その後、呼吸法と瞑想を行いました。マントラは、意味ではなくて音(音波)が重要になるので、発音は細かく指導されました。



私が歌っているのは「ガヤトリーマントラ」というマントラです。


これは最強のマントラと言われていて、唱えたり聞くことによって多くの効果を得ることができます。


・心身のネガティブなエネルギーを浄化
・癒しの効果
・ストレス解消
・脳を活性化(記憶力、思考力、発想力などが高まる)
・唱えれば唱えるほど夢が叶う
・チャクラの浄化
・罪が許される効果



私は最初のインドTTのとき、まだうつ病が完治していない中での渡印でしたので、そりゃもう不安で不安で仕方がありませんでした。


でもトレーニングは大変でしたが、毎日心が癒されていく感覚がありました。ヨガ、呼吸法、瞑想、そしてマントラがあったからだと思います。


上記の効果をみてみると、ほとんど当てはまってる!って今更ながら思いますね。




そしてそれほど最強のガヤトリーマントラには、大きな効果がもうひとつ。


本人だけではなく、周りにもその効果が届くこと。


それはとてもうれしいことですよね。



シャバアーサナをしながら、ウトウトしながらでもこの音波を感じているだけで癒され、それが周りの大切な人にも浸透します。



そんなことを頭の片隅に置いてもらいながら、これからも波動を感じてもらえたらいいなと思います。




ガヤトリーマントラの音と訳

Gayatri mantra ガヤトリーマントラ
Om Bhur bhuawah swah,
オームブール ブワッ スワハー
Tat-savitur varenyam,
タット サヴィトゥール ワレーニャム
Bhargo devasya Dhimahi,
バルゴー デーヴァッシャ ディーマヒー
dhiyo yo nah pracho-dayat
ディヨー ヨーナッ プラチョーダヤートゥ


宇宙の始まりの音オーム、そのすべてに満ちている物質的・心の世界、天界
至高の「あの存在」の源をたたえます
精神の光を、「あの存在」の聖なる真理を、深く瞑想いたします
知性によってわれらに光があたえられ、絶対の真理をさとることができますように(正しくものを見る目が開かれますように。神さまどうかお導きください)


ぜひクリックお願いします!
  • good (13)