バランス力って?

以前のブログでヨガの効果40を一覧にしました。⇒ ヨガの効果・序章

今回は3つ目のバランス力の向上について書きたいと思います。

私のクラスでは、片足の木のポーズや鷲のポーズ、戦士のポーズ3など、バランス力を鍛えるポーズを必ずひとつやるようにしていますバランス力を鍛えましょうとよく私も言っていますが、ではバランス力って何でしょうか。

私たちは毎日常にバランスを取りながら生活しています。歩くときもそうだし座っている時もバランス力がなければフラフラしてしまいますよね。

まず運動系(筋肉と骨格)のバランスについて。体のくせなどにより使われる筋肉と使われない筋肉の差が大きくなると、体はどちらかに傾いていきます。そうすると体の様々な部位に影響して余分な疲労や痛みをもたらします。

私は40歳になったときに左半身が痺れて足首から膝・腰・坐骨背中など、あらゆるところが痛くて様々な病院に行って検査をしました。でもどこも悪くなかったのです。原因がわからないと落ち込みますよね。

でも最後に行った整形外科の先生に「女性は特に40歳ころを過ぎると急激に筋肉が落ちるんだよ。特に背中の筋肉。それにストレスも重なって身体のバランスが悪くてこうなる。よく来るんだよ、そういう症状の女性が」と。そして通い始めた整体の先生にも同じことを言われ、パワーヨガのDVDをくれたのです。そしてトレーニングをしたところ、本当によくなってきました。身体のバランスって大切なんだと実感した経験です。

ヨガは筋肉を鍛えられるのはもちろん、前後左右とバランスよく動かすことが出来るため、この運動系のバランス力改善にはとても有効です。

バランス感覚

今度は、バランス感覚について。これは耳の奥にある三半規管(さんはんきかん)という器官が司っています。9番のあたりがその場所。3つの管「前半規管」「後半規管」「外半規管」があり、それぞれがおよそ90度の角度で傾いていてあらゆる回転運動を感知することができるのです。

Ear-anatomy

Wikipediaより



ここが弱かったり鍛えていかないと、バランス感覚が悪くなり転んだりめまいなどの症状が出てきます。

先日、うちの主人が大騒ぎで病院にいったのがまさにここの弱さ。これはもともと弱い人もいますが、ある程度トレーニングで鍛えられます。Wikipediaに鍛え方が書いてありましたが結構厳しくて笑ってしまいました。

後ろ向きに歩く、ブランコで揺られる、回転した後に片足で立つ、首を上下前後左右斜めなどへ傾けたまま体を起動させる、マット運動での前転・後転、行く先に対して正面向き・横向き・斜めなど方向を変えて横たわった体勢から起き上がってのダッシュ、など

私たちはここまでやらなくても大丈夫です。ヨガでは太陽礼拝で頭を上下に動かしたり、様々なポーズで頭や目線を上げたり下げたりと、思い返してみると普段の動きとは全く違うことをしています。これでも十分鍛えられるのでご安心を。

この記事を私に書かせるために、うちの旦那さんは具合が悪くなったのかもしれませんね。やらせなきゃ。

バランスって大事

こうして身体のバランスについてみてきましたが、何でもバランスが大事ですね。食事もそうだし、運動と休息、心と身体など、全てにおいて必要です。まず身体を鍛えてバランスを整えると心のバランスも取れてきます。すると食事のことも気を使うようになって健康になるという感じで相乗効果で良くなっていきますよ。

そんなことを目標にしながら、ヨガやその他の運動をしていきましょう!

 

日吉・綱島少人数制ヨガ教室 YellowLotus

ぜひクリックお願いします!
  • good (0)