筋肉の必要性

以前のブログでヨガの効果40を一覧にしました。⇒ <ヨガの効果・序章

今回は2つ目の筋肉を鍛えることについて書きたいと思います。

実感されている方も多いと思いますが、人間は加齢によって筋肉量と筋力が減少していきます。筋肉量の減少は30歳前後から始まって生涯続き、75歳までに筋肉量は一般に若い頃の半分になると言われています。高齢者が1日ベッドで安静にしたときの筋肉量の減少を補うためには最大2週間の運動が必要という研究結果も出ているほど、筋肉は鍛えないと衰えていく一方なのです。

筋肉がないと関節炎や腰痛などが起こりやすくなります。また歩くだけで疲れたり、体力の回復が遅くなり、そして筋力がないと正しい姿勢を保てなくなります。クラスでタダアーサナで立った時に私がよくやる悪い例。あれがそうですね。猫背になり下腹が前に出てお尻が下がり、膝が曲がる、カッコ良くない姿勢です。

そして筋肉の衰えは、速筋線維という骨格の可動部についている姿勢の保持や運動に働く筋肉(瞬発力に優れた筋肉)の方が持久力に優れた遅筋線維よりも早く多く失われるため、筋肉は素早く動くことができなくなり瞬発力などが先に低下していくのです。年をとると転びやすくなってしまうのはこのせいなのですね。

ダウンロード

筋肉は鍛えれば機能が高まる

さて、こうして筋肉が衰えると怖いと書きましたが、筋肉は歳をとっても鍛えれば機能が高まることが研究によってわかっています。今からでも全然遅くないのですよ!

この間テレビで100歳のおばあちゃんが元気に一人で暮らし、毎日楽しく過ごしているのを見ました。毎日階段を昇り降りしたり近所のトレーニングセンターで足に重りをつけて運動をしているのです。素晴らしいなと思いました。

また1990年、フィアタロンという研究グループが平均90歳の高齢者を対象にした8週間の筋トレ実験を行いました。その結果、筋トレ後には筋肉が74%、筋肉の太さが9%も増加したという実験結果を発表しています。また、石井直方・東京大学教授のグループは、トレーニングにより104歳の人の筋肉が太くなったということを発表しています。

これらを見てみても、いつ始めても遅くないと安心できますよね。とはいってもまだ大丈夫だと安心するのはダメですけど。

身体を鍛えることは心を鍛えること

身体面からみていきましたが、筋肉を鍛える=身体を鍛えるということは心を鍛えることにもなります。

私は小さいころ器械体操を習い、休みなしで毎日3-4時間の練習を行っていました。しかし辞めたあとは全く身体を動かさなくなったのです。そして仕事のストレスで心と身体を壊しヨガを薦められてまた鍛え始めました。精神的な部分をあてはめてみるとピッタリとあてはまります。

器械体操をしていたころは、ストレスなどなく(体操自体がストレスでしたが・・)毎日楽しく過ごしていました。しかし身体を動かさなくなってから鬱々とし始め、長い混沌とした状態が続きました。そしてヨガを始めてまた精神的にも元気になってきたのです。

ひとつは体が健全なら悩み事の種が一つ減る、という極めて単純な構図。体を鍛える→病気になりにくくなる→健康になる→日常生活が楽になる→悩み事が減る→毎日が楽しくなる。

もうひとつは、身体を動かし筋肉を鍛えることで血液循環を良くし、脳に血液と酸素が送られ脳が鍛えられる→爽快になり元気になる。

さらにもうひとつは、身体を動かすことで自分に自信がついてくる。

このように体と心は一体であり、身体を鍛えれば心も鍛えることが出来るということを私は身をもって体験したのです。

ヨガのよいところ

筋肉は筋トレで鍛えることができますが、ヨガでも鍛えることができます。

ヨガの良いところは筋肉のトレーニングだけではなく、柔軟性も強化できるので、バランス良くしなやかに筋肉を鍛えることができるのです。

私は女性の皆さんにしなやかで美しい筋肉を鍛え、心と身体が元気な状態で毎日を過ごしてもらいたいと思っています。そしてそのことを家に帰って家族に伝えてほしいと願っています。そうすればみんなが元気になって周りも元気になり、日本がどんどん元気になりますよね。

一番の幸せはやはり身体の健康だと思うのです。病気になるとそのことに気がつきます。病気になってしまうと他のことなんかどうでもよくなってしまいますよね。病気のことばかりが頭を占領し、元気がなくなってきます。皆さんも実感したことがあると思います。身体が健康であること。これがまず幸せの一番の基盤だと思うのです。

体で一番多い器官が筋肉。男性では体重の約48%、女性で約36%を占める器官です。人の身体を直接動かす大事な器官を鍛えることができるヨガ。ぜひ一緒にやってみませんか。

参考URL:
筋トレ・肉体改造.com
メルクマニュアル医学百科
メディカルヨガ(ヨガの処方箋):ティモシー・マッコール著
ハタヨガの真髄:BKSアイアンガー

 

日吉・綱島少人数制ヨガ教室 YellowLotus

ぜひクリックお願いします!
  • good (0)