シャバアーサナって?

シャバアーサナとは、屍(死体)のポーズといって、クラスの途中や最後に行うお休みのためのポーズです。

仰向けで死体のように寝ます。
両手のひらを上向きにし、腿から少し離すように置きます。
足先は自然に離して力を抜きます。
目を閉じてできるだけ深い呼吸を行います。

「このポーズの目的は死体をまねることである。生命が尽きると、身体は止まったままになりわずかな動きもなくなる。意識をはっきりさせたまましばらく動かずに心を静かにさせていれば、くつろぐこと、リラックスすることが学べるだろう。この意識的なリラックスにより、身体と心の両方が元気になりリフレッシュする」

参考文献:ハタヨガの真髄_600の写真による実技事典 BKSアイアンガー著

ヨガの醍醐味、シャバアーサナ

エアロビやダンス、ジョギングなどの有酸素運動はクールダウンはありますが、最後のリラックスの時間はありませんよね。その点ヨガは、シャバアーサナを行うことによって完全にリラックスをする時間を持つことができます。これってとても素晴らしいことだと思うのです。

宇宙のあらゆる現象と存在は常に「陰と陽」で出来ています。陰は静で陽は動。ヨガの1時間のポーズが動なら、最後は静(リラックス)を取ってバランスを取ることがとても大切です。シャバアーサナはまさしく静のアーサナなのです。

身体への効果は、まず心拍数が落ち着きますね。そして腕を広げて寝るので胸が開き、酸素を沢山取り入れられるので、プラナ(気)が良くめぐり筋肉から乳酸を取り除きます。イコール悪い気も流れていきます。そしてなんといっても心に充実感、安心感が湧き出てきます。

同じリラックスでも…

同じように、寝てリラックスする方法は色々あります。オイルマッサージや整体など。もちろん気持ちがよくて効果もあります。でも、自分で筋肉を伸ばしたり強化したり、頑張って動いたあとのシャバアーサナでのリラックスは別格だと思うのです。なぜかというと、それは身体だけの気持ちよさではなく、精神的な気持ち良さが入るからです。精神的な気持ち良さとは、自分を褒めてあげられること。それが一番だと私は思うのです。

クラスでのシャバアーサナはたった10分という短い時間ですが、1時間頑張った自分へのご褒美の時間にしてもらいたいと思っています。

e0059188_16575456

出典:blogs.yahoo.co.jp



 

横浜日吉・綱島少人数制ヨガ教室 YellowLotus