テント泊!?

ヴィパッサナーに参加しようと決め、コース開始の1ヶ月前に予約をしましたが、宿舎がすでに一杯なのでテント泊になりますというメールが届きました。

この寒い時期にテント泊!?無理っ!!とまず思いました。アウトドアなんて大人になってから皆無状態だし、ちょっと環境が変わると眠れない神経質な奴だし、寒さにはすこぶる弱いし。。今回は諦めようと思いました。でも今後10日間のコースに参加できる機会があるのだろうか、と考えるとやはり今回行っておかないと後悔するなーと思い、参加する決心をしました。

風で眠れなかった日

実際のテントは土台もしっかりしていて、こんなに立派なんだーと驚きました。話を聞くと、去年(?)の風でテントが全部飛ばされ、しかも雨が降っていたので洋服から何から濡れてしまい、瞑想ホールで一夜を明かしたことがあったそうです。それで丈夫な土台と囲いができたのだとか。今回もあの土台と囲いが無ければ確実に吹き飛ばされていました。

ダンマーディッチャ(千葉の施設)は低い山で囲まれている場所なのですが、まずゴーッとすごい音がして周りの山の木々が揺れます。その後ブワーッと私たちのいる平地に突風がくるのです。その風がものすごい日があって正直その日は2時間程しか眠れませんでした。バッサバッサとテントが揺れるすごい音!後で書きますが音に敏感な私には本当に辛かった・・。そして他の人と「風がすごいねー」と1言でも話せたらまた違ったのかもしれませんが、話すことも出来ず心細いし眠れないし怖いし(私は幽霊も苦手なもんで・・)、特に私は全てがつらかった中間の日だったので、寝袋を頭からかぶって小さく縮こまり、朝がくるのをひたすら待っていました。

寒さは?

寒さですが、施設から毛布2枚と寝袋を貸してくれます。寝袋は夏用と冬用があったので私は冬用を借りました。借りた寝袋の中に自分が持ってきた寝袋を入れ、借りた毛布1枚を下に敷いて1枚は寝袋と寝袋の間に入れました。あとは湯たんぽ2個。これで十分ポカポカでした。でも顔は寒かったのでマスクをして寝ていました。ただ寝ているときはいいのですが、夜と早朝着替えたりするときは寒いです。。

テント泊を終えて

暗いし寒いし風の日は眠れなかったけれど、1人ずつのためプライバシーは守られるので、テント泊は良かったと思います。沈黙が解けた後に話した方が皆テント泊だったので情報が偏っているかもしれませんが、みんなテントで良かったと言っていました。宿舎は暖房もあるしベットなのですが、隣とも近いしちょっと・・という感じらしいです。女性はわからないのですが、男性はカーテンの仕切りが古い生徒さんしかなかったらしいです。でも男性はテントだと狭くて宿舎に変えてくれと希望した人もいたようです。

とても心配していたテント泊でしたが、最後には愛着も感じて少しだけ心地良く感じました。あの狭さが良かったのかも。これもまた良い経験をさせてもらいました。

 

横浜日吉・綱島少人数制ヨガ教室 YellowLotus

ぜひクリックお願いします!
  • good (0)