ヴィパッサナー瞑想とは

ヴィパッサナー瞑想は、インドにおけるもっとも古い瞑想法のひとつで、「ヴィパッサナー」とは、物事をあるがままに見ることを意味し、それは自己観察による自己浄化のプロセスだそうです。

心を集中するために自然な息を観察し、そして鋭く研ぎ澄まされた意識をもって、変化するという心と体の性質を観察することへと進み、無常、苦悩、無我という普遍的な真実を経験するもの。この直接の経験による真実の実現が、浄化のプロセスになるとのこと。ヴィパッサナー瞑想コース

と、説明を読んでみたのですが、ちょっと難しくてよくわかりません。。でも、明日(2014年1月22日)から参加することにしました。

参加する経緯

この瞑想コースは、インドTTCの日本人講師mimoさんが3回参加したことをTTCで話してくれました。日本に帰ってきてからは忘れていたのですが、インドのヨガ仲間が千葉にもあると教えてくれたので、ホームページを探してみました。10日間の日程なので、ヨガのクラスが始まる前の今しかチャンスはないかも、と思い申し込んでみました。

昔から家でやってみたり誘導CDを買ってみたりと、瞑想はチャレンジしてきました。でもなかなか続かず、インドTTCでの朝の瞑想もうまくいかなくて、結局マスター出来ずに帰ってきました。どうしてこんなに瞑想が苦手なのか。。それを追求するべく参加を決心しました。だから今回もかなり不安です。。mimoさんに参加することを話し、実はリシケシでの瞑想がつらかったんです。。と告白したら、「それだとちょっと大変かも…」と言われました(笑)「でも絶対いい経験になるから」といってくれたのと、この間インドから戻った友人も「途中で帰ってきてもいいから。でもいい経験になる」と励ましてくれたので行ってこようと思います。

もうひとつの不安・・

不安要素がもうひとつ。1ヶ月前に申し込んだのですがすでに宿舎はいっぱいで、なんとテント泊なのです。私は超インドア人(インド人みたい)なので、この極寒の中のテント生活に耐えられるかどうか。。妹が貸してくれた寝袋は設定が5度以上なので、うちの旦那さんがベランダで実験してくれました。

ベランダで実験中

ベランダで実験中



ダウンを着て寝れば大丈夫という結果でしたが、どうでしょうか。湯たんぽも毛布も貸してくれるそうなので、大丈夫だとは思うんですけど。。脱走する人もたまにいるようなのですが、それだけは避けたいと思っています。もし脱走してもちゃんと報告します。ではいってきまーす!

 

横浜日吉・綱島少人数制ヨガ教室 YellowLotus